チャンスは好機ではない

チャンスは好機ではない
Page content

チャンスとは何か。
この問いは中々難しい。
正解は出てこないようでもあり、
人によって答えが異なる事でもある。

チャンスは一般的に言えば、好機ということです。
何かを行う良い機会、都合の良い機会を意味してますね。

しかし、英語のChanceは少し意味が違います。
機会、偶然、可能性を意味する単語なのです。
トレードの中でのチャンスというのは、英語のChanceを意味している事が非常に多いです。

トレードをしていてチャンスが巡ってきた時に、トレードする絶好の機会だと認識してはいけません。
トレードをする機会だ、エントリーできる可能性があると考えましょう。

チャンスと聞いて、利益が出るタイミングと思考が飛んでしまう人は危険です。
生き残れるトレーダーになるためには、チャンスはあくまでもエントリーできそうだと認識を改める必要があります。

チャンスを見つけるには事前の準備がなければ、見つかりません。
何も準備せずに、チャンスを見つけた場合、それはチャンスではありません。

検証や分析で想定していた状況とよく似ていれば、それがチャンスです。
エントリーしても良いかなくらいに捉えましょう。
相場は常に動いているので、いつでもチャンスがありそうですが、それはありえないのです。
いつてもどこでもトレードできません。
チャンスは限られているものだと認識しておかなければならないし、
チャンスだから利益が出るということもありません。

同じことの繰り返しになりますが、
チャンスというのはトレードチャンス、トレードタイミングと言うだけです。
準備あってこそのチャンスです。
チャンスは機会が巡ってきただけで、利益が得られるタイミングではないのです。