大局の流れに乗れ

大局の流れに乗れ
Page content

相場には流れがある。
上昇、下降トレンド。レンジ相場。
この流れには逆らってはいけない。
特に大局的な流れには従ってトレードをする必要がある。

局所的に見れば、大局的な流れと逆の動きをすることはしばしびある。
しかも、局所的な観点からすると大きく逆に動いたように見える場合もある。
しかし、そこで大局に逆らえば、いずれ大きな損失を喰らうことになる。

短い時間足、長い時間足、それぞれでトレードするトレーダーがいるわけで、
どのトレーダーがどこで仕掛けてくるかわからない。
その中でできた流れに逆らっていると、
突発的な動きが起きたときに、
大局の流れに目がいかなってしまう。
相場の流れよりも、自分の分析を優位に考えてしまうのだ。
その状態はもはや冷静ではない。
良い鴨となっているのだ。

もちろん、手法として大局の流れに逆らう手法も存在する。
そちらの方が大きな利益をもたらすかもしれない。
しかし、それは極一部の優秀なトレーダーだけができることである。
平凡なトレーダーが無理しても、真似ることは不可能だ。
自分の実力を正しく認知していれば、平凡トレーダーは流れに乗ることができれば十分だろう。