雑念を持ち込まない

雑念を持ち込まない
Page content

トレードをしていると、うまく回る期間と低迷する期間がある。
トレード手法と相場の動き方少しずつズレていくからである。
今までうまくいっていたのに、段々結果が悪くなることもあれば、
負け続けていても急に結果が出たりすること相場の世界では起こりうるです。

人間誰でも失敗が続く場合、どうにかそれを改善しようとか、
何が原因でうまくいかなかったのかを考えるのが自然だ。

しかし、うまくいっていると、必ず雑念が生まれる。
うまくいっている時に、なぜうまくいっているのか、それを意識することは中々難しい。
なぜなら、うまくいくが故に、実力を過信したり、欲がでてきたりするからである。
雑念が生まれ、トレードに集中できなくなってくるのだ。

そして、それはどこかで無理をしたり、ルールを破ったりする原因となる。
実力に見合わないトレードはいつか自滅してしまう。
相場は甘くはない。
自滅する前に、雑念との付き合い方を見直して欲しい。

雑念によって、大きな損失を受け、トレーダーとして生きていけなくなることが頻繁に起こる。
初心者が相場を退場する大きな理由だ。

雑念は消すことは難しいのだが、雑念があることを自覚することで、対策できる。
雑念を考慮して、トレード前に一呼吸おくことで、雑念があることを自覚できるようにしておこう。
トレード前には深呼吸するなど、自分なりに工夫をして雑念への対処をルーチンにしておけば、余計なトレードを減らすことができる。