わかるとできるは違う

わかるとできるは違う
Page content

わかるとできる

投資をしていると、 ここでエントリーしておけば良かった あそこで損切りすれば良かった など悔やむことがあります。

上昇するとわかっていたのに、損切りポイントを把握していたのに、上手く行動できず後悔してしまうのです。

わかっていたのに、できない。 投資においてこれが難しいのです。

知識として知っていて、ファンダメンタルズやチャートの分析から相場の流れを読み解いたとしても、 勝てるわけではないということです。 どこかで不安や恐怖があったり、運良く連勝し驕ってしまったりすると、頭ではわかっていても、トレードするときにエントリーできない、利確が早い、損切りできない、などなど 行動が伴わないことがあります。 これはわかるとできるが異なると言うことです。 頭で考えていることを、そのまま行動に移す。 これを極めていかなければトレードで結果を残せません。

私自身、考えたことを全て行動にできてません。

不安のある状況でも、自分で考えたことをトレードに反映するという行為をできる限り求めています。

頭で思った通りに動ければ、感情を除いたトレードになるはずです。

考えを行動にアウトプットする。

これを常日頃から意識して、トレードにおいても考えた通りに行えるように積み重ねていきます。