感情に支配される前に全ての行動を決めておけ

感情に支配される前に全ての行動を決めておけ
Page content

行動を決める

トレードを開始してポジションを持てば、少なからず感情が揺れ動い手しまうものです。

一流の投資家さんだとトレードに感情が入らないのでしょう。

私は二流ですから、トレードするときに、どうしても感情に支配される場面があります。 感情に支配されて負けた場面が何度もあります。

損切りをしたくなくなったり、ナンピンをしたり、追加入金をしたりしていました。

これらを行うと損害が大きくなるんですよね。一度の負けで取り返しが付かなくなるんです。

マイナスを出したくない気持ちから破滅への行動をとってしまうんです。 つまり、感情的な行動はトレードでは極力抑えなければなりません。 トレード時に感情を抑えることは非常に難しい。

人間ですから、感情は勝手に湧き上がります。 感情を抑えることから視点を変えて考えてみます。

感情が行動を決めることが良くない原因ですから、行動を決めるときに感情を入れなければよいはずです。

トレード前に全ての行動を決める。

これが私なりの解決策です。 トレード前にエントリーから利確や損切りを確実に決める。

更に、指標や週持ち越しを考慮して時間制限でのイグジットを考える。

数量やナンピンのルールを明確にする。

当たり前の事ですが、感情を避けるには、細かいポイントや行動、決断をトレード前に決めるしかないのです。 感情が抑えられなければ、感情を避ける。

これで少しは感情的トレードを減らすことができるはず。