相場の動きと波長

相場の動きと波長
Page content

相場の動きは日々変わっていくのですが、トレードスタイルや手法とぴったり波長が合うタイミングがあります。
波長が合うと、何も考えず手法通りにエントリーすれば、バシバシ利益が出るんです。
相場と波長が合うタイミングはトレードを続けていると必ず出会います。

しかし、その波長が合う期間も終わりが着ます。
相場と合わなくなれば、逆に損しか出ない。
損切りばかりになり、下手をすると一発で大損を、食らったりもします。
ムキになって波長が合っていたときに稼いだ以上に損をしてしまう可能性もあるでしょう。
私自身それで利益を吹っ飛ばした経験があります。

相場の動きとトレードスタイルが合っているときは何も考えず、そのまま自分を貫いていけばよいのですが、波長が合わないとき対策をしなければならないのです。
対策を打てなければトレードを続けていくことができなくなるでしょう。

経験した身から考えた対策としては、
損が続くようなら、トレードを当面やめる
トレードスタイル、手法を別のものに変えていく
この二つです。

波長が合わなくなってきたのであれば、損する期間トレードしなければよいのです。
何回連続で負けたら様子を見るとか、
月間の収支がマイナスになったら少し冷静になる時間を作るとか、
色々とやり方は考えられます。
次のチャンスまで待つことも大切です。

また、損が続くならば、トレードスタイルを変えるのも一つです。
相場に合わせて自分を変えていくのも良いでしょう。
波長が合わないことを、新たなトレード手法を学ぶきっかけにしても良いですし、
いくつかの手法を身につけているのであれば、自分のスキルの中で変化をさせても良いでしょう。

利益が続けて出ていた期間が終わり、相場との波長がずれ始めたことを素早く察知して、相場に合わせてトレードをしましょう。
波長のズレを見極めなければ、必ず痛手を負います。
損を減らすことが何よりも優先すべき事ですから、そのために労力を割いて、良きトレード生活を過ごしていきましょう。